陥入爪の原因は…|みやざき整骨院

広田院0956-38-8399

相浦院0956-59-7199

大村院0957-46-3316

東長崎院0958-01-2772

日野院0956-56-3905

お問い合わせ

新着情報

陥入爪の原因は…

陥入爪とは?

✅ 歩くだけで爪の先が痛い
✅ 片側か両サイドの皮膚が腫れて変色している
✅ 出血や膿があり靴下を履いていると汚れる
✅ 爪が痛くて外出が億劫になっている

上記の項目が一つでも当てはまればあなたは陥入爪かもしれません。陥入爪は足の良くある病変の一つです。
生活習慣や環境、合わない靴を履き続けていると

爪の形が変性する→痛みを伴う→出血→ばい菌に感染し炎症→化膿→肉芽形成

という具合に徐々に陥入爪が進行していきます。また、痛みだけではなく見た目を悪く、悪臭を放つようになります。

   

陥入爪の原因

陥入爪になる代表的な原因として、「深爪」があります。その他にも足先の細い靴、ぶかぶかの靴、爪への急激な外部圧力による怪我等もあります。

爪の組織で爪の根元にある爪母と呼ばれる器官があり、爪はこの爪母で日々作られて、成長しています。この爪母は爪を作ることはできるのですが、実は爪母には爪の形を決める制御力まではありません。

したがって、足に合わない靴(特に先の細い靴は爪に圧が加わりやすいです)や爪に急激な外圧がかかって怪我しやすくなります。そして深爪をしてしまうと、爪の下や周辺にある肉や皮膚が盛り上がってきて、爪の変形が起こりやすくなります。

結果的に、爪周囲の皮膚が盛り上がり爪の先端が皮膚や肉に刺さり出し、爪が伸びにくくなります。

それでも今ある爪にかかる外圧は代わりません。爪が伸びにくくなっても、爪母では爪が休みなく生産され、前方に向かって伸びようとします。

爪の先端に圧が定期的にかかり出すと、皮膚が切れたり、細菌が感染しやすい環境になります。

最初は赤く腫れるくらいですがそれが徐々に大きくなり、その腫れた中身は膿が溜まって膨らんでいる状態なのです。その腫れたところを押すと痛みを感じるようになります。

ただ、陥入爪の初期段階、爪による痛みが我慢できる程度の痛みの為、病院やクリニックを受診する人は、ほぼいません。

代わりに大抵の人が悪循環の始まりとは知らず、爪の痛みを無くすために深爪をするようになります。

初期段階では爪を切るとその場の痛みからは解放されますが爪が伸びるにしたがってどんどん悪化していきます。

陥入爪の進行と自覚症状

陥入爪レベル ★
 ■見た目:少し爪が食い込んでいるかな?っという感じ。皮膚が少しピンク色をしている状態。
 ■自覚症状:なんとなく足の爪が皮膚に刺さるような違和感を感じる程度。あたっている爪を切るとしばらくは違和感を感じずに通常の生活を過ごせる。

 

陥入爪レベル ★★
 ■見た目:爪が伸びると常に爪が食い込んでいる状態。爪の周囲の皮膚がピンクから赤くなって少し腫れが見受けられる。
 ■自覚症状:長時間足の指に外圧がかかると痛みを感じる。歩行だけでも痛みを感じ、靴によっては痛みが増すことも。但し痛みに強い人は我慢すれば日常生活を過ごせる。

 

陥入爪レベル ★★★
 ■見た目:明らかに爪が常に皮膚に食い込んでいる。爪周辺の皮膚は常に赤みを帯びてより腫れている。爪が刺さっている患部はより膨れあがる感じになっている。さらに爪の食い込みにより傷口ができたり、そこから体液がにじみでたりしている。場合によっては出血をはじめる。肉芽も爪の端が体液や出血で湿り気をおびやや独特の臭いも出始める。
 ■自覚症状:足の爪に負担がかかる動作をしなければ、痛みは和らぐ(例:一日中家でゴロゴロ)。痛みがあるから外出が億劫になり、歩き方もおやゆびをかばう様な歩き方、ペタペタ歩きになったり指を上げて歩くようになる。

陥入爪レベル ★★★★★
 ■見た目:明らかに肉芽形成され、指全体が腫れあがり炎症が慢性化し痛々しい見た目になる。化膿してでてくる膿や体液、出血などで爪の患部は常に濡れていてグジュグジュして白っぽい感じになっている。独特の臭いを放つようになる。
 ■自覚症状:歩行時にズキズキとトゲが刺さるような強い痛みを伴う。ひとによっては寝ているときも寝具の重みだけで痛みを感じる。当然、靴もできるだけはきたくなくなる。さらに重症化してくると出来るだけ歩きたくなくなり、歩くときは完璧に患部の足の指に体重を掛けないペタペタ歩きになっている。

以上が陥入爪の進行レベルです。あなたの陥入爪はどの進行レベルでしたでしょうか?

レベル2以上であれば、陥入爪矯正の専門家として出来るだけ早く陥入爪矯正を開始または対処することをおススメします。